川村歯科医院 四谷三丁目

03-3353-0828

川村歯科医院 四谷三丁目

MENU

小児歯科

Pediatric dentistry

小児歯科とはPediatric dentistry

小児歯科

むし歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌はいないと言われています。では、なぜむし歯になるのでしょうか?

むし歯は感染症です。つまりスキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子さんのお口にむし歯菌がうつり、むし歯に感染してしまうのです。

むし歯菌に感染しやすい時期は、生後0歳~2歳の間です。お子様と同じ箸、スプーン、コップを共有しないことで、成長した時のむし歯の本数を少なくすることができます。
お子様へのむし歯菌の感染に十分注意しながら、成人までむし歯のない健康な歯を維持することができた場合、一生、むし歯のない健康な歯でいられる可能性が高いということが言えます。

むし歯の予防Preventive

歯磨き指導
1.歯磨き指導

川村歯科医院では、まずご自宅で歯磨きを、『誰が、いつ、どのように』行っているかをお聞きいたします。
お子さんの好きな食べ物、飲み物は何か?
それらに合わせた個別の最適な歯磨き方法を提案させていただきます。

むし歯になりにくい食事方法も重要です。
0歳児であれば歯磨きをする方への正しい方法をお伝えいたします。
2歳児位からは、まずは自分で歯ブラシをくわえるところから始めて、保護者の方には仕上げ磨きをどのように行えば十分かお伝えいたします。

小学校高学年位からは一人で磨く必要があるので、定期的に歯科医院に来院していただき、歯磨き具合いを染め出して確認する必要があります。
小さなむし歯も、小さなうちに治療し、大きくしないことが何よりも大切です。

フッ素塗布
2.フッ素塗布(川村歯科医院では無料です)

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、歯質を強化しむし歯になりにくい歯とします。定期的(3ヵ月ごと)な歯磨き指導と、そのあとのフッ素塗布によりむし歯の予防となります。

シーラント
3.シーラント(予防充填法)

萌出したばかりの永久歯は溝が深く磨き残しが多くなりがちです。
必要によってはむし歯になりやすい奥歯の溝の部分に歯科用樹脂を流し込み、溝を浅くすることにより磨きやすくし、むし歯の予防をする処置です。
むし歯になる前に行う処置ですので、6歳頃に生えてくる第一大臼歯が生え始めたら早めにご相談ください。

乳歯のむし歯も治療が必要です

乳歯のむし歯も治療が必要です

『乳歯だからむし歯になっても問題ない』と考えてはいませんか?
そんなことはありません。永久歯と同じく、治療が必要です。
乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備するための役割や、永久歯を正しい位置に導くといった大切な役割があります。

その他にも、あごの骨の成長、知能の発達、正常な咬み合わせの獲得にも影響を及ぼします。
さらに、むし歯は細菌の感染症であるため、むし歯がある状態で抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると、永久歯がむし歯になるリスクは高まります。
川村歯科医院では乳歯のむし歯治療も行います。

歯の生え方が気になりませんか?

歯の生え方が気になりませんか?

『歯と歯の間に隙間が空いていて気になる』
『右は生えてきたけど左はまだ生えてこない』
『乳歯がなかなか抜けない』
などで気にしていませんか?

乳歯がいつまでも残っていると永久歯の萌出に関係し、正しい歯並びが誘導されない場合もあります。また、永久歯がなかなか生えてこない、乳歯が抜けないなど、この時期のトラブルはつきものです。
お子様の歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

子供が歯をぶつけた!

子供が歯をぶつけた!

子供は動きも活発で不意に転倒し歯をぶつけてしまうことも多いです。歯が欠けた、ぐらぐらするなどの見た目の症状がなくても、ぶつけたことにより歯の神経が死んでしまい歯の神経の治療が必要な場合も多いです。
自己判断せず早めに受診しましょう。